限时孤岛

Miu:


翻译存档
=======
花样滑冰
【世界花滑】王者·羽生结弦奉献的绝美表演滑

静谧之夜仿佛能听见星辰低喃。伴随着Saint-Saëns的名曲『天鹅』,羽生演绎出浪漫水润的诗章。此刻,好像有一只成熟的天鹅停落在赫尔辛基的湖面上。

文=itou yamane
冰上的小夜曲/EX 『Notte stellata(星降之夜)』

聚光灯打到幽蓝的冰面上,羽生一脸恬静缓缓地委身于“月光”。背部开着大大的敞口的白色衣服上,宝石在闪烁轻盈的羽毛在摇摆。

瞧,月亮映照着湖面
星辰在对我们眨眼
在施了魔法的夜晚
为你吟唱一曲小夜曲

2011年成立的意大利人气男高音组合II Volo,凭借唱功和年轻引发了社会轰动。因为在录这首『Notte Stellata』时,其中三个成员还是年仅16、17岁的少年。歌词是一篇浪漫的告白。在心爱之人的窗柩下弹奏一曲思绪……是从罗密欧和朱丽叶起就未曾变过的风景。

歌词中的「湖lago」是深情歌唱着爱意的自己,「月luna」是我所深爱着的你。所以请想象,湖中月是「被我(湖)拥在怀中的你(月)」。接下去是「你不知,我有多么深爱你。我的心中只有你」

张开巨大的双翼、脖颈修长的羽生的旋转,正是优雅的天鹅。巧合的是,天鹅恰好是芬兰的国鸟。芬兰的1欧元硬币背面刻着两只在湖面上飞翔的天鹅。随着冬季衰退,春季复苏,成群的天鹅从南国回到赫尔辛基。和日本正好相反。羽生出生长大的仙台七北田川每年也会有很多天鹅光临。羽生从小也应该目睹过。

双手抚面的动作犹见性感。鲍步则美的让人失去言语。观众席间传来如悲鸣般的欢呼声和惊叹。

Saint-Saëns与天鹅

稍微介绍一下原曲作者Saint-Saëns和这个作品「天鹅」。Camille Saint-Saëns是活跃于19世纪中期至后期的法国作曲家。本人极具天赋,对天文学及数学等很有研究,在绘画方面也有所成就。

「天鹅」收录在组曲『动物的谢肉祭』中,组曲包含14首曲目,是为友人チェリスト主办的晚会用所作的曲子。因为是出于个人目的,而且很多出自已有曲子或者是出于揶揄作曲家的嗜好所创作的,因此直到本人离世这些曲子也未能为世人所知。这个作品有着这样复杂的背景故事。

「天鹅」在这之后因为俄罗斯的芭蕾舞蹈家Mikhail·Fokin编舞的芭蕾作品『濒死的天鹅』而闻名世界。并非最开始就名为濒死的天鹅。

进入后半段,陷入恋情的男子变得愈发坚决。「你已经知晓了吧,我是多么的爱你」,和之前的话语截然相反。你看见羽生的背上生出强有力的巨大的羽翼了吗。Hydroblading划出银白色的冰雾。盈满幸福的美好夜晚。

我深爱着你
你早已知晓
你亦深爱上我

最后的步伐、跳跃,旋转,洋溢着爱之喜悦。你已经,爱上了羽生结弦。


フィギュア
[世界フィギュア]王者・羽生結弦が贈る極上のエキシビション
星の囁きが聞こえてくるような静かな夜。サン=サーンスの名曲『白鳥』にのせたロマンティックで瑞々しい愛の詩を、羽生が体現する。今、一羽のオオハクチョウがヘルシンキの湖に着氷したようだ。

文=いとうやまね
氷上のセレナーデ/EX『Notte stellata(星降る夜)』

青く照らされた氷上にスポットがあたると、羽生は穏やかな表情で、ゆっくりと“月あかり”に身を委ねる。背中の大きく開いた衣装の白に、煌めくストーンと軽やかな羽根が揺れている。
湖面に映る月をごらん
星々が僕らに瞬いている
魔法のような夜に
君へのセレナーデを歌うよ
2011年に結成された、イタリアの人気テノール・グループIl Volo (イル・ヴォーロ)は、その歌唱力と若さでセンセーショナルを引き起こした。この『Notte Stellata』(ノッテ・ステッラータ)を録音した時には、メンバーの3人はまだ16歳と17歳の少年だったのだから。歌詞はロマンティックな告白である。愛する人の部屋の窓下で想いを奏でる……ロミオとジュリエットの昔から変わらない風景といえる。
詩中の「湖lago」は、愛を切々と歌い上げる自分自身で、「月luna」は、愛する君を指している。すなわち、湖面の月は「僕(湖)に抱かれた君(月)」をイメージしてもらいたい。さらに、「僕がどれほど愛しているか、君は知らない。僕の心には君しかいないのに」と続く。
大きく翼をひろげ、長い首を持て余すかのような羽生のスピンは、まさに優雅なオオハクチョウだ。これは偶然なのだが、オオハクチョウはフィンランドの国鳥である。フィンランドの1ユーロ硬貨の裏側には、湖の上を飛ぶ2羽の白鳥が描かれている。冬が終わり、春になるとここヘルシンキにも南の国から白鳥たちが群れになって戻ってくる。ちょうど日本とは逆になるかたちだ。羽生の生まれ育った仙台の七北田川(ななきたがわ)にも毎年たくさんの白鳥が飛来する。羽生も子供の頃から目にしていたはずだ。
両手を顔に這わせる振付がセクシーだ。これでもかというほどに美しいイナバウアーにはもはや言葉を失う。客席からは悲鳴にも似た歓声とため息が聞こえてくる。

サン=サーンスと白鳥
原曲の作者であるサン=サーンスと、この「白鳥」という作品について少し触れておこう。カミーユ・サン=サーンスは19世紀半ばから後半にかけてに活躍したフランスの作曲家である。天才肌で、天文学や数学といった学問や、絵画にまで活動の幅を持っていた人物である。
「白鳥」が収められた『動物の謝肉祭』という組曲は、全14曲からなるもので、友人であるチェリストが主催する夜会用に作曲されたものだ。ごく個人的な目的であったのと、既存の曲や作曲家を揶揄するような嗜好で作られた作品が多々あったことから、本人が亡くなるまで世の中に出てこなかったという、いわくつきの作品である。
「白鳥」は、その後ロシア出身のバレエダンサー、ミハイル・フォーキンによって振付けられた『瀕死の白鳥』というバレエ作品の音楽として、世界に名を馳せることとなる。はじめから瀕死だったわけではないのだ。
さて、後半に入ると徐々に恋する男は強気になってくる。「僕がどれほど愛しているか、君はもう知っているね」と、さっきとは正反対のことを言う。力強い大きな翼が、羽生の背中に見えるだろうか。渾身のハイドロブレーディングが、氷煙を切り裂く。幸福に満ちた美しい夜だ。
僕が君を愛しているのを
君は知っている
君はもう僕を愛している
終盤のステップ、そしてジャンプ、スピンは、愛の喜びに満ち溢れている。あなたはもう、羽生結弦を愛している。

いとうやまね
著者プロフィール
いとうやまね
国際試合における国歌斉唱、その内容、背景、歴史、エピソードに迫った『フットボールde国歌大合唱!』(東邦出版)、サッカー人の家族を描いた『プロフットボーラーの家族の肖像』(カンゼン)、選手の楽曲にスポットをあてた『フィギュアスケート・プログラムに秘められた物語』(コスミック出版)他、がある。サッカーおよびフィギュアスケート専門誌のコラムニスト、サッカー専門TV、海外サッカー実況中継のリサーチャー。

评论
热度(23)
  1. _挲耶吉尔加丹Miu 转载了此图片
  2. 限时孤岛Miu 转载了此图片

羽生结弦一生偶像
SUPERJUNIOR一生应援

© 限时孤岛 | Powered by LOFTER